ハブ毛徒然日記

憧れ、尊敬するエンデュランスエキスパートの背中を追いかけ、その先へ。

干し柿完成/大比叡

冬眠していた訳ではなく、ローラー活動が多くなっていたのとブログの調子が悪くなっていたので滞っておりました。

さて、風も強く寒い日が続く事は悪いことばかりではなく干し柿にとっては抜群のコンディションだったようで早くも完成に至りました^ ^ あんなに渋かった柿が干すだけでまるでスイーツの様になる不思議…詳しい方に聞いてみると一度部屋の中に取り込むと白い粉がふいてより甘みが増すのだとか_φ(・_・ しかしふっくらして甘い干し柿よりもカサカサになるまで追い込んでヨーグルトに入れる方が好きな私としては挑戦するか考えものなところであります。

f:id:kyohei0212:20171125174649j:image

AM トレイルランニング 大比叡 21km

太陽も出て風が弱めだったのでトレイルへ。比叡山国際トレイルのコース上を20km前後動けたらOKでスタート。今回からトレイル用ザックを使い始め、ウィンドブレーカ、ボトル、バナナ、携帯や小銭入れを入れて走る。きっとボトルの動きが気になるに違いないと踏んでいたが良くできたザックで殆ど気になる事はなかった。それでも胸や腰の締め付け感はやはり疲れて来ると気になるもので、何も持たず走る事がどれだけ快適かが身にしみた。

f:id:kyohei0212:20171126140927p:image

ホームコースをゆっくり登ってから阿弥陀堂を経て大比叡(848m)へ。一番高いだけの眺望悪しな記念碑的なものにかなりガッカリ…そのまま比叡山ロープウェイ駅に向かうと京都市内や大原への眺望がかなり開けてきてテンション上がるが徐々に疲れてきて脚は動かなくなって来る。京都一周トレイルのコース上に入り走っていくが台風等の影響なのか倒木等で走りにくい区間も。体力的にも無理は禁物なので根本中堂へ帰れるルートに切り替えて復路へ。とここで前を走るランナーを発見。徐々に距離を縮めて挨拶して前に出るが、ここは自転車と同じなのか後ろにつかれてしまう(さっきまでゆっくり走ってたやん)。何とか頑張ってサヨナラを告げていつもの無動寺から坂本へ。脹脛と内腿が痙攣しかかっているのを何とか堪えて帰宅。手足に寒さは感じたものの汗しっかり(・Д・) まだ短パンで行けたが、比叡山紅葉狩りに来た観光客からは小声で『寒そう、マジか、スゴい、何で短パン?』などのワードが。必死な顔しているけれど全部聞こえていますよ皆さん。