ハブ毛徒然日記

憧れ、尊敬するエンデュランスエキスパートの背中を追いかけ、その先へ。

ニセコクラッシック

結果は総合8位、年代別は3位の大成功のレースだった。

勤務明けで職場から直接神戸空港へ向かう。

f:id:kyohei0212:20170709155424j:image

職場で朝測定。それ程忙しく無かったものの気怠さが強い。時間に余裕があったので新快速ではなく高槻から快速を選んで座る。

f:id:kyohei0212:20170709155412j:image

一人旅の友に選んだのは「君の膵臓を食べたい」。中村龍太郎さんが全日本前に読んだと言っていたのに完全に乗っかる形。結構面白くてサクサク読めるし睡眠導入剤にも最適だ( ̄▽ ̄)神戸から新千歳間は爆睡できたおかげで頭はスッキリし、レンタカーでのニセコへの移動も普段の仕事で車を運転しているからか楽だった。

f:id:kyohei0212:20170709155836j:image

亮さんに無理を言って宿泊先に送らせてもらったバイクを受け取ったのが18:00。僕は轟さんが手配してくれた一軒家に宿泊。

f:id:kyohei0212:20170709160025j:image

レース会場から近く、目の前には羊蹄山が鎮座する最高の立地。つくづく恵まれた環境だと感じる。夜ご飯は轟さんとそのご友人とイタリアンでカーボローディング。

f:id:kyohei0212:20170709160207j:image

かなりディープな夕食となるも本当にお二人とも面倒見が良くて、当然ご飯もご馳走になった(当然…財布を出す事自体が失礼なのかとさえ思えた)。ジャガイモのニョッキが最高だった。

f:id:kyohei0212:20170709160500j:image

MSJワンピースにゼッケンを貼ったり、補給を作ったりしつつ、22:30には就寝。緊張からから3時に起きてしまいそれからはゴロゴロして過ごす。4:30に朝食を食べる。まぁいつものアレですが(´・_・`)

f:id:kyohei0212:20170709160649j:image

わざわざバイクの箱に入れて北海道入りさせたミューズリーは抜群に美味しかった。なんだかんだと時間は過ぎてレース会場へ自走で向かって亮さんと合流。ちなみに大便による軽量化は無し(今回はそれ程神経質にはならなかった)。

いざスタート。年代別の若い方から順にスタートしていく方式で、4kmくらいニュートラル。中村龍太郎さんが先頭のコミッセールカーにビタ付している。みんなそれ程殺気だっておらず落車が無いことだけを祈る。リアルスタートすると当然強い選手が前々で展開。年代が上の高岡さんや森本さんも前に出てきた。パノラマラインで上げる気なのだろうけどそれまでの登りである程度淘汰されていった。下りで派手な落車も見たが、去年の雨を考えると奇跡的に安全。パノラマラインまで行くまでに亮さんはディレーラーのトラブルで離脱。いざパノラマラインが始まると20名程度に絞れていく。主として森本さんと中村龍太郎さんが300w超えるペースを刻む…中腹まではいい感じだと思っていたがいよいよキツくなって離脱。前7名程度が抜け出していく。僕は10人ちょいの第2集団をまとめにかかり、下り始める前にしっかり第2集団形成。目標は後ろに追いつかれない事。第1集団に追いつこうなんてこの時は考えもしなかった。

パノラマラインを下り終えて平坦を巡回していると人数も多いのでとても楽。ガレリアやどすこいで鍛えられているんだと思うとこの集団の頭は取らないといけないなという使命感みたいなものを感じた。そんな中、抜いていくMAVICカーに亮さんの馬が。そういや亮さんどうしたかな…リタイヤだろうな…走っているなんてこの時は考えもしなかった(2回目)。第2集団のメンバーにあーだこーだと注文をつけて僕の有利な展開へ持っていく(本当に嫌なやつだ)。そうしていると先頭集団との差が縮まってきてとうとう100km過ぎに追いついた(ビックリ1)。

先頭集団の方が削れているのかなと考えたら身体が自然に動いて追いつき様にカウンターで飛び出していた。高岡さん、田崎さん、森本さん、中村龍太郎さん、岩島さんの強さは段違いで普通に付かれるは抜かれて千切られるわ。しかし僕の動きは無意味ではなく、第2集団にはダメージを与えたらしかった。第2集団から4名が抜けてきて新しく第2集団を形成。これでゴール近くまで行こうと話して皆んなでワイワイ協力してフミフミする(ここ楽しかった)。ゴールが近づいてイナーメのなまためさんとオーベストの坂大さんと3名になる。坂大さんには年代別が同一カテゴリーなので負けられない。パワーがありそうだしどう料理すれば…と思っていた瞬間だった。黄色いバイクの亮さんが後ろからやってきた(ビックリ2)!おまけに後ろにつけと。上記3人の第2集団メンバーは悶絶(๑˃̵ᴗ˂̵) そんな中考えたのが亮さん助けてくれてラッキー<亮さん現れて年代別順位−1な事実。しかし亮さんは自分が年代別で言えば2位の可能性がある事を知らない…さあどうす…くらいで、「亮さんは年代別2位になれるから僕に構わず行って!」と叫んでいた(馬鹿なのか)。僕がひかなくなって第2集団は圧倒的に僕有利だと思っていたらなまためさんが抜け出していくのに反応できず(ㆀ˘・з・˘) でも坂大さんは少し離れている!のでジワジワ坂大を引き離してふらふらになるまで出し切ってゴールした。

f:id:kyohei0212:20170709164110j:image

ゴールして亮さんやみなみちゃん、湊に会うとすぐに元気が出てきて素直な嬉しさと本当に応援してくれた皆んなへの感謝の気持ちが爆発。結果湊を肩車してしまった。

f:id:kyohei0212:20170709164325j:image

しばらくしてからの年代別表彰で表彰台へ。1位の中村龍太郎さんもボート経験者なので、年代別表彰はボート関係者で埋めたことに。

f:id:kyohei0212:20170709164437j:image

少し悪ふざけの写真も。総合上位陣との力の差を感じつつも納得のいくレースが出来たことを嬉しく思いつつブログを書いてみた。

少し休憩したらまた頑張ります!応援宜しくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)