ハブ毛徒然日記

憧れ、尊敬するエンデュランスエキスパートの背中を追いかけ、その先へ。

夏休み①/おにゅう峠

今日は全く予定には無かったが、休みなさいと半ば強制的な夏休み。これが夏休み1回目。ど平日という事もありトレーニング相手も見つからず。

AM おにゅう峠へ 4:30 138km

カーテン閉めて寝ても5:30には完全起床。意識的にゆっくり過ごして7:30乗馬。昨日のFTP測定の疲れが残っているから脚が極端に怠く回転もぎこちなく感じる。220w程度を目安に頑張り過ぎないように。そうは言っても花折峠はある程度勾配があって踏まざるをえないわけで…梅ノ木までは下りでそこからおにゅう峠入り口までは木陰だが登る。帰りは下り基調だと言い聞かせて身体に鞭を打つ。前回おにゅう峠にきた時は看板などは無かったと記憶しているが、所々におにゅう峠の文字が見える。もしや観光名所化してしまったのだろうか…小入谷に到着しいざヒルクライム。しばらくはほぼ平坦だが一気に勾配が上がり、尾根沿いに出ると勾配マシになるものの日差しが当たる。

f:id:kyohei0212:20170615224852j:image

帰路の下りで撮った写真。登ってきた尾根沿いの道が見下ろせる。雲海が広がっているとさぞ美しいのだろうが、早朝ここに居ようと思うと相当な早起きが必要だ。

f:id:kyohei0212:20170615224907j:image

おにゅう峠は滋賀県福井県の県境。福井県側はダートでロードバイクでは走行に難あり。いつか福井側からMTBで登ってみたいな。

f:id:kyohei0212:20170615224924j:image

快晴で日本海までスッキリ見えて気分は最高!

f:id:kyohei0212:20170615224950j:image

昨日買ったバケットにおかずを挟んでサンドイッチにしたのを頬張る(๑・̑◡・̑๑)どすこいで店に入ってみんなでワイワイ食べるのも好きだけど、1人の時は景色でも眺めて食べるのも良いもんだな。そう、観光名所化されたかなって思ったのは間違いだった。こんなど平日の昼前にこんな所に来るのは僕1人だった様で、登って下るまで誰にも会わなかった(それも少しこわいが)。帰路は更に脚が怠く、鯖街道の絶妙なアップダウンに完全にノックアウトされて堅田から瀬田まではふらふら…200wを維持するのがキツくて(´・_・`)まぁそうは言いつつ無事帰宅、

帰って昼寝したり昼寝したりドラマを見たり。

f:id:kyohei0212:20170615225705j:image

facebookを覗くと亮さんと友達になって5年らしい。あくまでfacebook上のことだけれど。友達というか…先生みたいな存在ですね、ハイ╰(*´︶`*)╯