読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハブ毛徒然日記

憧れ、尊敬するエンデュランスエキスパートの背中を追いかけ、その先へ。

低ケイデンス/やじさんSP

仕事休みでお外へサイクリング。今日から徐々に春の陽気へと言えどもまだ肌寒いし、北風弱まると言えども風強し。低い回転数でのペダリングが非常に軟弱であることからあえて向き合ってみた。が、それより大事な事がある…それはやじさんと今日でお別れなのだ。

AM 信楽方面 3時間弱 88km

いつものトレーニングコースをいつもより回転数を低くして走る。GARMINをこまめにチェックして80回転より下を常にキープ。股関節がギクシャクしない様に気をつけて、骨や腱でクランクを回転させるイメージ(白い筋肉ではなく赤い筋肉を使う)を体現しようとするがイメージ先行で中々上手くいかない。しかし、実走を始めた時よりかは明らかに繋がりがよくなっている事を実感できた。コーナー立ち上がり、単独になったり、風が吹いたり、勾配が上がったりと回転数が一時的に下がる時にもスムーズに対応し、それ以外の時は90回転程の自分の得意な回転数で走る事にしよう。

トレーニングを終えて家でシャワーしてからクラブハウスへ。軽くご飯を済ませてから例の作業を行う(やじさんに作業方法は教わったので安全第一無理せずに出来る範囲をコツコツと)。

f:id:kyohei0212:20170316233007j:image

実用化するにはまだ少し時間がかかりそうだけどやじさんのお陰で先は見えたし後は1人でも何とかなりそうだ。引越しの荷造りを終えたやじさんが16時にクラブハウス登場。明日帰郷されるので実質今日が最終日…寂しいやら、やじさんの前途が揚々であることを祈って全力で応援する気持ちやらおり混ざる。そんな中、最後の道場(やじさんに身体をほぐしてもらう事)がスタート。初めのうちは押すところが違っていたり、押す順番が曖昧だったりした道場が今では見違える様に上達。3年間でやじさんが一生懸命に学んできたことが凝縮された道場…どう言って良いのか分からんけど、免許皆伝!と言う感じ(偉そう_(┐「ε:)_)。

f:id:kyohei0212:20170316233755j:image

道場を終えて3年間変わらずそこにあったベッドを収納して車に積み込む。やじさんの後ろ姿が泣けた(T ^ T) 春は別れの季節だ。いや、まだお別れを言うのは早い。そう、最後の送別会会場へ向かう。

f:id:kyohei0212:20170316234024j:image

クラブハウスから概ね1時間車を走らせやって来たのは大野さんのご自宅。大工作業でやじさんと意気投合した大野さんたっての希望でご自宅ですき焼き送別会を催して頂いた。やじさん、典さん、春姉(改アニキ?)、山口、竜馬が参加。近江牛、豚、刺身、ハリエのバームクーヘンとお腹も心も満たされて大盛り上がり^ ^

f:id:kyohei0212:20170316234253j:image

大野さんからの贈り物ににやけが止まらないやじさん。

f:id:kyohei0212:20170316234559j:image

逆にやじさんロストに陥りそうな大野さんは、「これからどうするんだよぉー」と半べそかきそうな勢い。大野さん、僕たちも同じ気持ちですよ、やじさんの存在はそれくらい大きくて…本当『どうすりゃいいんだよ』。