読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハブ毛徒然日記

憧れ、尊敬するエンデュランスエキスパートの背中を追いかけ、その先へ。

神山周回/ツキイチ問題

仕事休み。昨日はくろんど池2時間エンデューロで撃沈され、泥のように寝た…起きられたなら神山周回に行こうと決めて。目覚ましを3:45にセットしなる様になれとばかりに寝たら3:40起床。半笑いでジャージを着た。

AM 神山周回 3時間弱 75km

神山周回とは  京産大前のサークルK5:30集合。クリーンセンターを含む約7.5kmを4周回の約60分。強度はメンバーによりけりなのかもしれないがかなり高い。

4:15乗馬→5:10集合場所着(早すぎた)。今度からは4:30乗馬でOK。何故これまで参加しなかったかと言うと、①家から遠い②既に月曜練で脚が死んでいる から。昨日のくろんど池周回が2時間だったので何とか参加することが出来たのだ。メンバーはSadaさん・真二さん・龍太郎さん・老野生さん・Junさん・吉田さん。1周目はペースで行くと龍太郎さんのアナウンスでスタート。いや、全然違うじゃないか( ・∇・)昨日の疲れも色濃いが無理してでもしっかり我慢してローテを回す(深い訳は後述)。全員強いが今日限りで新潟に引っ越す老野生さんが気を吐いている。ローテが老野生さんの次なので辛い。1周目終わった段階でこれはマズイな〜と思いながらも踏ん張って4周目突入。最終周回のクリーンセンター前の登りがスプリント区間で何とかそこまでと思っていたが無理そう。ハーレー屋(ハーレー坂)前で我慢ならずドロップ。それでも気持ちだけで回す。スプリントを遠目に見て僕もしっかり追い込んでお終い。千切れた悔しさもあるけれど、昨日の今日でこれだけしっかりトレーニング出来たことに満足。しかし、真二さんは昨日の今日でも最強だったけど( ゚д゚)

f:id:kyohei0212:20170523202930j:image

真ん中どすこいポーズの老野生さんを囲んで。今日みたいな疲れた日こそ皆んなの力を借りれば何とか出し切れる事に気づいた。また宜しくお願いします!

さて、無理してでもローテを続けた理由。それは…神山前に真二さんから言われた一言「最近ツキイチがクセになっているんじゃないか」。これは薄々自分でも感じていた(薄々じゃねぇだろ)。桐っちも同じ様に感じていたみたい。特にくろんど池は相手が強いからと限界まで追い込む前にツキイチを決め込んで最後まで何とか走ろうという気持ちだった。なんでもお見通し(´・ω・)酷く情け無い気持ちになり、神山では出し切るのだと強い気持ちでペダルを踏んだというわけ(千切れたけどね)。

「練習相手が強すぎる事が大前提としてある」と言いたいけれどそれはそれ。以前はツキイチにも居られなかったのが最近ツキイチなら走り切れる様になり、それも成長の証だと少なからず思っていた。そんな事を考えていたら真二さんから夕方にメッセージが来た。

お疲れ様!今日もありがとう!
朝言ってたツキイチの話はあんまり気にせんといてね!ウッチー真面目やから悩んでたらあかんと思いメッセしましたー。
けどね、場合によっては千切れる練習(まで追い込む必要のある場合)もあるからその事を言いたいだけやからね(*´∀`)♪
もちろんその逆の最後まで残る練習(俗に言うツキイチw)も必要でその線引きが難しいけどたまには「もうムリー(>_<)」ってとこまでやらないと限界突破できないよ、と言うハナシです(•ө•)♡

泣きそうになったのはここだけの話。もう上しか見ずに頑張るマン(๑・̑◡・̑๑)早くそちら側に行きたいです!

f:id:kyohei0212:20170523204327j:image

とりあえず甘酒飲んでしっかり睡眠とろう。

井上家宿泊/くろんど池2時間エンデューロ

昨日は勤務明け。12時まで居残り仕事。ただ出場回数は少なくて十分な睡眠がとれた。Di2ショックでキャンセルした井上家を訪問するため昼からサイクリング。

PM 井上家への最短ルート 1:58 60km

およそ2時間で到着すると見越して14時乗馬。何度か井上家には行っているが毎回迷う始末。そろそろ携帯に頼らないルートを確定したかったので入念に下調べ。見事60kmで収め、尚且つそこそこ走りやすかった。井上家でシャワー借りて亮さんと小豆バーを補給(美味しすぎる…)。休憩しながら鈴鹿の打ち合わせしてから宝塚へ車で移動。みなみちゃんとご両親の岸本夫妻とカレー屋さんで合流しご馳走になる事に^ ^ 久しぶりにビールやワインを注入し、とても美味しいカレーやナンをたらふく食べさせて頂いた。本当に楽しい時間であっという間に過ぎって行った。ありがとうございました!

f:id:kyohei0212:20170522203608j:image

井上家に戻り風呂→就寝の流れも湊には関係なし!元気一杯に太鼓を叩き、その後は最近ハマっているらしいデジカメでの撮影タイム。彼がカメラマンなのでひたすら僕のソロカット( ・∇・)どこに需要があるのかしら…。最後に黒ひげ危機一髪で締めて就寝。ちなみに湊は僕のことを「きょうへいくん」と呼んでくれる。ちゃんと覚えてくれているんだなとおじさんはかなり嬉しかった。

4:20起床。昨日のカレーがかなりスパイシーだったせいか、お酒のせいか大便が熱かった( ゚д゚)真二さんから誘ってもらったくろんど池2時間エンデューロ(練習会)に参加するべく早朝から乗馬。

AM くろんど池2時間エンデューロ 65km

集合場所まで約1時間。清滝はペースで登って心臓に負荷をある程度かけておく。集合場所に着くと15名位集まっており、真二さん・桐っち・兼松さん(イナーメアイランドのJPT選手)が明らかに強そうだ。1周目は初めての人がコースを覚える必要があるのでペースで(と言っても速い)。2周目の集合場所がリアルスタート。真二さんがダンシングで上げる、桐っちがシッティングで鬼引き、兼松さんも加勢の展開に早々に僕を含めた4人に縮小。程なくして僕は付き位置固定を余儀なくされる。先頭交代から下がった桐っちがわざと前2人と車間を開けてからダッシュしていく。明らかに付き位置の僕を試している…負けるもんか。何とか食らいついていると桐っちはしっかり上げてもう満足と下がって行き3人に。次は兼松さんが明らかに僕を切り捨てようと上げる…とうとうその時はやってきて付き切れし真二さんも遅れる。真二さんと2人で兼松さんを追いにかかるがじわじわ離されていっている…そうこうしていると全くパワー出なくなってきて真二さんに引いてもらう形に(もはや定番)。こうして2時間エンデューロは兼松さんの圧勝で幕を下ろした。桐っち、兼松さんのどちらからも、「付き位置おじさんをいじめてやろうと思ってた」と聴取。桐っちからは食らいつこうという気概と少し強くなっていることが確認できたとお言葉を頂いた。

f:id:kyohei0212:20170522215121j:image

トレーニング後にけいはんなプラザ周辺で行われるTour Of Japan京都ステージを観戦しに行く。その前に皆んなで朝ごはん。今日走った中には関西のお祭り漢の呼び声高い通称タモリ氏も。お初にお目にかかったので記念撮影。

f:id:kyohei0212:20170522215231j:image

朝食後に皆んなで小一時間レース観戦。最後までは見なかったけどプロの迫力は別格だった。

f:id:kyohei0212:20170522215344j:image

全日本ジャージの初山選手カッコ良かった(๑・̑◡・̑๑)

Di2ショック/RIDLEY

月曜日から今週を振り返ってみる。
AM 月曜練 信楽 95km
Di2ショックが訪れた月曜日から。ガレリア練を途中離脱して、アウターロー縛りでお仕置きサイクリング中に閃いた。そうだ明日の月曜練で真二さんに苛めてもらおう。前に典さんから言われたこと「日曜日ガレリア練、月曜月曜練を連日しっかり走れたら最高なのにね。」「そんなん無理やし」と笑いながら答えてたけど、ガレリア練を最後まで走らなかったことでチャンスが到来したというわけ。真二さんに付き位置固定で参加願いを出し、RIDLEYに乗馬し8時30分に大石ファミマに到着。てっきり堀井さんが来る高強度ウナギサイクリングだと思っていたけれど、今回はJunさん・いじりさんと行く伊賀上野グルメサイクリングだった。途中離脱とはいえ脚は痛いし疲れMAX。走りはじめから真二さん先頭だとかなりきつい。真二さんは意図的にJunさんを鍛えるべく大石~信楽区間を上げていく。中盤のダラっとした登りでJunさん厳しくなってきたのでグッと上げて真二さんの後ろに入り2人になる。次は僕を苛めるべく真二さんが腰を上げる
がここは何とか対処。疲れているとはいえ千切れるわけにはいかないもんな。ここからは心地良いペースのサイクリングとなりリカバリーライドにはもってこいな感じになり嬉しい。

f:id:kyohei0212:20170519210738j:image

真二さんと前から気になっていたたい焼き屋で冷え冷えたい焼きに舌鼓。

f:id:kyohei0212:20170519210710j:image
伊賀上野に最近できた若葉で久しぶりのつけ麺を食す。
帰路の桜峠ではペースで登り、やはり真二さんと2人となるが喋りながら頂上通過(真二さん優しい)。それでも真二さんと数回丘でスプリントし、それぞれボコボコにされて楽しくサイクリングを終了した。
帰宅しシャワーを浴びてから即イプシロンへ。山脇さんにDi2を診てもらう。「なんだこんな事か~」と笑って治ると決め込んでいたのに何やら雲行きがあやしい。あらゆることを試して1時間2時間3時間・・・結果、原因不明。鈴鹿ニセコを控えた時期にこれからどうすればいいのか全く考えることが出来ずに途方にくれながら帰宅。どっと疲れて即就寝。
火曜日は勤務日で、朝活は40分200wで流し。この頃には4iiiiなどの出来る限りのパーツをRIDLEYに付け替えることを決めた。この日の勤務は夜の現場出場が爆発し、ぶつ切りの2時間睡眠で撃沈。
水曜日は撃沈していたので朝寝を決め込み、昼からRIDLEYへの移植作業を開始。典さんに手伝ってもらい何とかレースで使用するところまで。あとはイプシロンで変速の微調整をしてもらうだけ。

バッテリー切れでは無かった件

滞っておりました。

ガレリア練でDi2のバッテリー切れが元で途中離脱したのが日曜日。実は原因はバッテリー切れではありませんでした(´・ω・)

f:id:kyohei0212:20170518065022j:image

右往左往、紆余曲折した結果RIDLEYで少なくともニセコまでは戦うことに決めました。シフト系が105でDi2に比べると当然動きがモサだとしていますが、僕の動きがモサっとならないように気をつけておくので問題ないでしょう。

とりあえずご報告までに(๑・̑◡・̑๑)

 

ガレリア練/Di2バッテリー切れおじさん

予告通りのガレリア練へ。お外で4iiiiがどんな感じなのかみるのに絶好のチャンス。今回のテーマは以下の通り。

・先頭に出る時は必ずパワーチェック(無理して踏まない)・先頭交代の合図を明確に・メインの佐々里峠できっちり強度をあげる(それまでの過程で頑張り過ぎない)

f:id:kyohei0212:20170514153858j:image

もはや定番化しつつあるロングの朝はつけておいたミューズリー。前日に多めに食べているため少ないと思われるかもしれないけど補給食もしっかり持っているのでこれで十分。

AM ガレリア練 6時間30分 205km

8:30ガレリア亀岡集合で6:50乗馬。コーディネーターとしては10分前には集合場所へ行っておきたい(何のこだわりか)。4iiiiは快調そう。亀岡までの道すがらで観察してみる。当たり前の事だがパワーは登り>平坦。しかし平坦は思ったよりパワーが出ていない。250w程度でも結構頑張らないと駄目で少し自信を失う…逆に登りはトルクがしっかりかかるから出やすく、300wとか出るので勘違いしてしまう( ・∇・)皆んなと合流してからが本番なので意識的に抑えて漕ぐ。逢坂山,五条坂,老ノ坂を業務的にこなして無事約束の地へ。美山の聖水ストップのみで、佐々里峠はバラけたら峠待ちだけ確認してスタート。亮さんがSadaさんに前半ペース抑えめに行こうねと笑いながら言う。Sadaさんもそうだね〜とか言うけど先頭出たらいつものスピードやん( ・∇・)老野生さんも登りアゲアゲやし。結局こうなるやんと亮さんと後方で苦笑い。前亮さん、後ろSadaさんに挟まれての番手。亮さんを観察出来る事と、Sadaさんが合図しなくても前に出てくるのでこの番手をとったのは◯!テーマを見失わない様に気を付けておいた。いつもキツいなと感じる美山前の神楽坂トンネルも少し余裕がありいい感じで聖水まできて給水。Sadaさん補給食かじっている段階で亮さんが、「ほな行きましょか〜」ガレリア感あったな^ ^ 裏九鬼ケ坂でSadaさんが一本引きで上げていくとかなりキツくなってきて頂上手前で僕と大樹さんが切れるも登り自体が短いのですぐにまとまり佐々里へ向かう。大樹さんと顔を見合わせてニヤつく(こいつらマジか)。佐々里までのローテは意識的に短く引いて合図も強めに出す。強く長く引きたいがそれもメンバー次第。佐々里が近づく。老野生さん先頭で麓に来たタイミングで亮さんとSadaさんが凄いスピードで上げていく。不意だったので若干あくがここはしっかりついて行って追い込んで貰いたいので思い切って踏む。すると3人となり、赤兎馬ローテにツキイチで佐々里を駆け上る。ドラフティングが効いているはずなのにキツい。2人のペースは落ちずにゼーゼー言う息づかいすら隠せない。1/3くらいの所で堪らずドロップし淡々と1人で進む。後ろを確認すると2人がチラリと見えるので、追いつかれない事を目標に進む。徐々に差は詰められているものの何とか逃げ切って3番手(序盤無理してでも2人について行ったのが良かった)。

f:id:kyohei0212:20170514164547j:image

佐々里の頂上は桜吹雪で花の絨毯。左2人が赤兎馬、右2人が名馬、僕は駄馬(´・ω・)佐々里頂上でも給水して下り始める。少しまったりした時に亮さんに今日は上手く走れているかと尋ねてみるといい感じだとの返答。復路のメグミルクをしっかりローテ回せれば大成功なガレリア練だと思いながら常照皇寺の登りへ突入。機嫌よく登っているとリアメカの動きが渋すぎる…ん?おかしいなと思いながら気合いで踏んでみるも駄目でナチュラルに遅れる。頂上過ぎて下り切った所で確認するとバッテリー切れ(´⊙ω⊙` アウターロー固定になってしまい、30km超えると回り切ってしまうおじさんに。皆んなと相談してトレーニングの足枷になるので途中離脱し京北から京都市内を抜けてトボトボ帰宅。亀岡までしっかり追い込んで弁天の里でTKG(卵かけ御飯)をみんなでワイワイ楽しむ筈がコレかよと自己嫌悪に打ちひしがれる…とその時、そうだここから回復走に努めれば明日の月曜どすこい巡業行けると閃く(なんたるポジティブ)。切り替えの速さだけは負けない。というわけで賢者タイムに突入しひたすらアウターロー縛りで帰宅。水風呂に入り真二さんに、「明日はツキイチで巡業させて下さい。」と何とも失礼なメッセージを入れる。

心配してくれているであろうガレリアメンバーにも無事帰宅メッセージを送りつつ、TKGを楽しんでいるんでしょと嫌みたらしく言ってみると…

f:id:kyohei0212:20170514165853j:image

あらら…まさかの展開。

f:id:kyohei0212:20170514165916j:image

からのストイック飯になったのよと亮さんから返事が来た。TKGは鈴鹿終わってからリベンジする事に。

個人的にはDi2バッテリー切れというお粗末くんな結末のガレリア練であったが、テーマはきっちり遂行出来た。滅茶苦茶にキツくて楽しかったし皆んな今日もありがとうございました(๑・̑◡・̑๑)最後にお泊まり予定だったのにキャンセルしてしまって、亮さんとみなみちゃんには本当に申し訳ない気持ちです。また遊びに行かせて下さい。

明日の月曜どすこい巡業大丈夫なんかな…

4iiii装着/ガレリア前日

勤務明け。4-7時起きで21-1時まで途切れない現場出場で完全に撃沈された。4時に起こしに来てくれた同期に「もう起きたくないよ」と告げると、「きょうへいさん、仕事やから。」と言われて起床。それでも朝起き(4-7時起きの事)は好き。なぜならいつも5時過ぎに朝活しているので7時まで熟睡することは無いから。朝起きは庁舎の掃除やシャッターの解放などやる事が多くて時間が早く過ぎていくのも好きな理由。ただ今日は流石に眠かったな。交代前にも1件現場出場し帰宅も遅めだったので午前中は家でゆっくり過ごすことにした。

PM 4iiii装着 60分ローラー 165w

左クランク余ったおじさんになった。左dura-aceで51,000円(安い!他のパワーメーターに比べるとが前提だけど)

f:id:kyohei0212:20170513213232j:image

一昨日4iiii(パワーメーター)が家に届いたのは前述の通り。でもそもそもパワーメーターって?という所から行くと、漕いでいる力(Watt)が今どれくらいですよと教えてくれる機械。自転車の場合は様々な種類のパワーメーターが存在する。大体以下の3種類。

①クランクの歪み②リアハブの歪み③ペダルにかかる力を測定

Panasonic(平吉)につけているのは②のタイプでパワータップと呼ばれるもの。チェーンにかかる力をリアハブの歪みゲージで測定し出力値を出してくれる。メリットは安価(他と比べるとだけど)なのと、ホイール由来なので取り替えれば複数の自転車で使いまわす事ができる。デメリットはハブに歪みゲージが内蔵される事でホイールが重くなることやレースで決戦ホイールを使う時はパワーが測れなくなること。

今回購入しBottecchia(八平)に装着した4iiiiはクランクに歪みゲージが付いているタイプ。

f:id:kyohei0212:20170513212014j:image

元々shimanodura-aceクランクを使用していたが、4iiiiは同左クランクに強力な粘着剤で歪みゲージを引っ付けて販売されているためやむなく購入。奇しくも左クランク余ったおじさんになってしまった( ・∇・) ボタン電池2032型1つで作動し充電等の必要無し。特にダウンロードするソフトなどは無し。ANT+かBluetoothでデータを飛ばせるからGarminで受ける。早速装着してGarminのパワーメーターで認識させる。すっと入って来た。左クランクを下死点(6時の方向)に向けて校正をかけるとこれもすんなりトルク0表示。素晴らしいなとウキウキで雨上がりの家の前を寝巻きで漕ぎ漕ぎ…あれ…0wしか出ない…騒つく(´⊙ω⊙`) もう一度認識させてみる乗る表示出ない騒つく。さっきまでウキウキおじさんが一瞬にして騒つくおじさんに変貌。言葉に出して、「落ち着け。」とか言う始末。Garminをよく見てみる。するとパワーメーターのアイコンが2つあり、4iiiiのナンバーと違うのは点滅している。これはもしやパワータップかと思いそれを選択して同期を解除する。慎重に漕ぎ出す。パワーでた!ウキウキおじさんに早変わり(๑・̑◡・̑๑)という経過を辿り装着完了(もっとスマートなブログに成らんのか)。

クラブハウスへ八平を持ち込んで固定ローラーに繋いで軽く60分回す(なぜ軽めなのかは後述)。先ず平吉と八平のポジションの違いがドカーンと来て4iiiiの事を完全に忘れさせてくれた。外で乗っているとそうは感じないのに、サドルは後ろだしハンドル前だしなかなりレーシーなポジションらしい。いつも無理して乗ってるのかしら(´・ω・)と思いつつパワー表示に目を移す。3秒の平均値をモニタリングしているとパワータップの時と感覚では殆ど変わらない数値が出ている。しばらく観察。

・数値のバラつきが少なく安定した数値が出てくる(パワータップも同じ3秒平均値)

・左のみのモニターなので左頑張ると高い数値(当たり前田のクラッカー)

・体感だから何とも言えないけれど、パワータップより10w程増しで出てくる(感じがする)。

あくまで自己評価の為の道具なのでパワータップと比較する必要は無し。お外で使用してみないことには何とも言えないし、気温差などでどうなるかも気になる所。

そして明日はガレリア練。4iiii装着後の初お外がガレリア練とは何とも^ ^ メンバー亮さん、Sadaさん、老野生さん、大樹さんと恐ろしい…京北の佐々里峠を主戦場にしっかり追い込む予定。追い込んだ後はそのまま亮さんのお家にお邪魔してお泊まりさせてもらう予定。湊と遊ぶの楽しみだな〜。

似て非なるもの/4iiii到着

仕事明け。なかなか平和な勤務を過ごし、睡眠時間も確保できたから朝から動いておく。

f:id:kyohei0212:20170511220149j:image

とその前に家に帰ると↑が届いていた。これは…とうとうやつが来日したんだな。即再配達の段取りをしてサイクリングへ。

AM 信楽 1:50 60km

真二さんの荒ぶるダンシング(立ち漕ぎ)を見せつけられ、打ちひしがれたのが月曜日。火曜日は脚が棒でやっとこさ回復走60kmを走ったくらい。あのダンシングが脳裏に焼き付いているうちに僕も真似してみる。ちょっとした登りや丘の頂上付近で積極的に腰をあげる。普段からダンシングは少ない方(自己評価)。慣れない動きにはじめはぎこちない動きでやたらに疲れる。それでもしつこく続けているとなんとなくだが中にはマシな時もあるような( ・∇・)そんな事をしつつダンシング多めのサイクリングは終わったが、題名通り道のりは遠そうだ。

シャワーしてからクラブハウスへ。自転車を洗ってから左のペダルとクランクを外す。ペダルだけれどいつも外すときにドキドキする(くらい硬い)。それ以上にドキドキするのは4iiiiがどんな感じなのか(๑・̑◡・̑๑) 現在ローラー用のPanasonic号にはパワータップホイールをつけておりパワー計測可能だが、お外で使っているBottecchia号はパワーメーターがついていなかった。亮さんからの強いススメと何より強くなるにはやはり必要だという判断からパワーメーターを探し始めたのが三週前くらい。真二さん使用の「4iiii」が値段・機能共に今の僕にフィットしているという事での購入になった。

f:id:kyohei0212:20170512005400j:image

19時以降の到着で、あわよくば今日中にとスタンばって(死語か)いるのを嘲笑うかのような20:55分のご到着(郵便局のおっさんマジか)( ゚д゚)ちらっと箱の中を確認してワクワクだけ最高潮にしてからそっと閉じて作業は明後日。

つづく。